■代表 あいさつ
『屯田舞遊神』としての代表の名をいただくのは、私で五代目です。もちろん、屯田の地域に根ざしたチームであり続けたいと願って活動させていただいております。私は、2014年11月からの新任の代表で、まだ1ヶ月しか経っていませんが、初代から前期までの代表者4人の意志を受け継ぎ、チームをまとめ継続させていくことが役目と考えています。YOSAKOIソーランも23回目を終了し、チーム数も演舞会場も減少傾向にあります。しかし、YOSAKOIの踊りは、確実に見ている人に元気と笑顔を与えられるものであると確信しております。

『屯田舞遊神』の活動は、屯田太鼓・屯田音頭・つくも会と共に、屯田郷土芸能文化保存会の仲間入りをさせていただいております。これからも、微力ながら屯田地域の活性化に貢献できればと考えております。YOSAKOIチームとしては小さいチームではありますが、これからもご支援ご協力のほどお願い申し上げます。




屯田舞遊神 代表 辻元正徳





■プロフィール
1997年に結成された屯田舞遊神も、今年で19年目を迎えることになりました。 結成当時は大学生が中心となった150人規模のチームでしたが、現在は小学生から還暦を過ぎた大人まで幅広い世代のメンバーで構成されたアットホームなチームになっています。

2009年から現在まで、踊り・衣装・楽曲のすべてをチームのメンバーがプロデュースしたオリジナル作品になっています。 昨年新設されたU40大会では、メンバー全員が笑顔・元気・感動を表現した結果、優秀賞を頂くことができました。

■YOSAKOIソーラン祭り<受賞歴>
2003年  支部長賞
2007年  ファイターズ通り 初代大賞
2014年  U40 優秀賞  

■年度テーマ
2009年  "Life たんぽぽを表現し、衣装もたんぽぽをモチーフにしました。 命の大切さ、仲間の絆を意識した作品になりました。"
2010年 "鼓動 〜彩る大地〜 華やかさと躍動感溢れる舞。 心地よく斬新な和と洋の融合。 豪快な旗、雅な扇子。 鼓動を感じて屯舞色に彩っていこうという作品になりました。"
2011年 "NEW FRONTIER 〜朱雀〜 誰もが知っている火の鳥、朱雀。 何度倒れても立ち上がる朱雀のように、あきらめず夢に向かって羽ばたこうという作品になりました。 この年は、15周年記念公演を屯田地区センターにて行いました。 "
2012年 "NEW FRONTIER 〜陽炎〜 情熱的に陽炎が立ち昇り、陽の光がどこまでも広がっていく。 そして、一人一人が光輝く瞬間、夢は叶うという作品になりました。"
2013年 "願い 願いが叶う喜びと幸せを表現した作品になりました。"
2014年  "煌き 〜kirameki〜 一人一人が煌く瞬間を表現した作品になりました。"

そして今年のテーマがこれです!

2015年 "昴 〜煌きから瞬きへ〜 今までのチームの思いが、Life、鼓動、朱雀、陽炎、願い、煌きへと繋がり、そして今その思いが1つとなり、瞬く間に見るものすべての人に笑顔、元気、感動を与える作品となりました。"




 

屯田舞遊神は本年度、以下の組織体制で円滑な運営が行われています。





 

■夏祭りへの参加、ボランティア活動
毎年、地元の屯田を中心とした夏祭りに参加し、演舞を披露させていただいています。屯田連町の夏祭りをはじめ、各町内会や老健施設等の催しで昨年は34回のイベントに参加演舞させていただきました。








l トップ l プロフィール l メンバー募集 l 出演依頼 l 個人情報保護 l お問合せ l




外部リンク

・facebook(フェイスブック)


・twitter(ツイッター)















Copyright (C) 2012 ryokufu.net All Rights Reserved.